香水は本人に左右される

先日、仕事をしていた時に中年の男性が香水を付けていまして。
それも少量ではなく、明らかに量が多いとすぐ分かるほどの。
個人的に香水というのは、女性や若い男性が付けるものだと思っています。

おそらく中年の男性としては臭い消しという意味を込めて付けていたんでしょうけど
臭いを臭いでごまかしても、それは周りの人を良い気分にさせないと思うんですよね。

香水はもともと魅力のある人が使うことで、周囲に良い影響を与えることができるという考えです。
外見的な魅力が少ない人が使うと、どんなに良い匂いであってもその人の印象が悪ければ悪臭になります。
なので自分は香水を使う水準に達していないと思うので使っていません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>