弁当が入るビジネスカバンが欲しい

電車で通勤をしていると様々なカバンを使っている人を見かけます。
最近まで安物のカバンを利用していた自分が言うのは説得力が欠けるかもしれませんが、
さすがにリュックサック型や汎用型(リュック、手提げ、ショルダー何でも可)というのは
仕事で使うという点において、同じ会社の人達や他社の人達に失礼なのではないかと思います。

ただビジネス用のカバンは荷物が入りにくいんですよね。
弁当箱が入らないので弁当を家から持参する人は弁当ごと別に持つか、弁当が入るカバンを使うしかありません。
なのでリュックサックのような大容量のカバンを使わなくてはいけない、というのも理解はできます。

個人的にはもっとビジネス用のカバンの認識が緩くなり、もう少し荷物が入って且つ仕事で使えるカバンが欲しいですね。
そうすればカバン業界にとっても新製品のチャンスとなりますし、
利用するビジネスマンにとっても今までより使いやすくなり、仕事に集中しやすくなるんじゃないかと。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

カバンを新調しました

今まではノートPCを入れて持ち歩くショルダータイプのカバンを使っていましたが、
仕事が変わることになったのを機にカバンを買い換えてみました。
次の職場は外見がより重視されるところなので、さすがに安物のカバンでは体裁が悪いと思ったからです。
古いカバンはまだ使えるため、通勤用ではなく遊び用として利用する予定です。

ビジネス用カバンは職種や個人の趣味にもよりますが、あまり主張しすぎない物の方が無難だと思います。
手提げタイプの革張りが一般的ですけど、個人的に手提げタイプは片手がふさがるためあまり好きではありません。

選んだ時に重要視した点は「ビジネス用として違和感がないか」と「ショルダータイプとしても使えるか」という二点です。
なので新しいカバンは革張りですが、ベルトを通してショルダータイプとして使えるものを選びました。
折りたたみ傘も入れておきたかったので比較的多き目なサイズとなりました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

強引に需要を作るのはどうなのかな?

というか爪を見る暇があったらスクリーンに映っている画面や手元の資料を見ますし、
発表者の話し方等から情報を得ようとするのが一般的だと思います。

むしろそれらの情報を入手しようとせず、爪に目がいく時点で聞き手としてどうなのでしょうか。
男向けのネイルケア製品がどれほど需要があるのか分かりませんけど、少なくともビジネスで役立たせるには優先順位が低いと感じましたね。
せいぜい不潔ではないように爪をこまめに切っておけば不快感は与えません。
あくまで爪をオシャレという感覚で気を配るのは女性向けであり、男性に求められるのは清潔感だと思います。

隠れた需要を見つけて商品を供給するのは大切なことだと思いますけど、
強引に需要を作り、あたかも「これが今の流行り!時代の最先端!」みたいに扇動するのはどうかな、と。

カテゴリー: 未分類 | コメントする