1000円カットについて

カットのみの、いわゆる1000円カットというのもありますが
大量の客を短時間でさばくスタイルのため、どうしても店員によっては相性が発生してしまい
「前の時は相性の良かった店員さんだったけど、今回の店員は相性が悪かった」
ということがよくあるみたいです。

かといって一般的な美容院と違って指名をするのも難しいので
やはり安定感に欠けるというところが一番大きいのではないでしょうか。
勿論、技術的な意味でも一般の店と比較したら低い水準になりやすいかと思います。

とりあえず切ってもらえたら何でもいいという人や
店員によって左右されにくいカット(坊主とか)を頼むなら1000円カットもありかもしれませんが
それなら自分でバリカンを用意して切ればタダに近い値段ですしね。
後は店員と余計な会話をしたくない人にとってもお勧めかもしれません。
これについては店側に求めてる者が利用者によって異なりますが。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

眼鏡をかけると知性的に見える?

それに引き換えメガネは手入れが楽で安全というのが最大のウリですね。
または先ほども書いた通り、伊達メガネとして使う人もいるぐらいファッションの一つとしても定着しています。
最近のメガネは花粉症対策として花粉の侵入を防ぐような構造をしていたり、
ドライアイ対策として少量の水を定期的に取り換えることにより常に一定量の水分を蒸発させドライアイを軽減させる商品が登場しました。

昔のメガネは値段が高くて重いのが多かったのですが、最近はメガネ市場も競争が激しくなっていく中で
なるべく安く、軽く、扱いやすい商品が主流になってきました。特にレンズの質が変わり傷がつきにくくなったり
フレームを軽量化することでかけ心地を改善したものが出てきたようです。

コンタクトとメガネについて色々と書いてみましたが、メガネをかけた女性の方が頭が良く見えるので
個人的にはメガネの方が好きだったりしますけどね。
ちなみにフレームの形や色あたりの好みでその人の性格が現れやすいので、そういう意味でも面白いと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

メガネの今と昔

メガネは視力の補強を目的としたアイテムですが、昔はサングラスのように紫外線を軽減したりオシャレ目的で使う人が多かったと思います。
また今では伊達メガネとして度が入っていないレンズを使用したメガネを使う人もいますね。
大体の人はメガネをかけた外見を嫌いコンタクトレンズを使う人が多く、またそちらの市場も活性化しています。
特に女性の方がコンタクトを使う割合が多いのではないでしょうか。

コンタクトはメガネを使わなくても視力を補強できるのが強みな反面、目に与える負荷も大きく危険性も指摘されています。
使い終わった後は取り外したレンズを洗浄液に漬けて殺菌するのですが、数週間の使い捨てタイプを何か月も使い続けたり
取り外さないまま寝たりする人もいるようで、中にはレンズが目の下に入り込んでしまった人もいるようです。

今は改善されたようですが色のついたカラーコンタクトも瞳の色を変えられるということで人気が出たものの一時期問題になり、目に良くないという結論が出たのも周知かと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする