外見は「企業の顔」も表す

企業というのは「企業と消費者」という関係だけでなく「企業と企業」という関係も持っています。
企業からしてみれば相手が消費者でも企業でも「お客様」には変わりないわけですから、失礼のないようにするのは最低限のマナーです。
「企業と企業」で折衝をする時、会社の顔とも言える重要な橋渡し役に明らかに浮いている髪色の人を使う上司はまずいないでしょう。
そんなことをしてしまえば本人や上司だけでなく会社全体の常識が疑われてしまいます。

つまり私が言いたいのは「ファッションとして個性を発揮するのは結構だが、自活できる範囲で楽しむべき」ということですね。
前の記事にも書いたようにサラリー以外という働き方(サラリーは雇用されるという意味なので、ここでは雇用されない働き方という意味)
仮にサラリーという働き方においてもウィッグのように着脱が用意ならオフの時間にオシャレを楽しむのは大いに結構だと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第一印象の重要性

日本は一時期に比べれば労働者に個性が求められ、それと同時に髪についてもある程度は寛容になってきました。
昔は黒髪が当たり前で染めるという発想自体が無かったと思います。面接においてもここ最近においてようやく一部の面接官が
「髪を染めるとは個性があるな」と、今までと逆の考え方が登場してきたところですね。
ただ私が面接官だったら、明らかに浮いている髪色の人は採用したいと思いません。何故かというと仕事で求められるのは個性より協調性だからです。

もしかすると浮いた髪色の人も中身は真面目かもしれませんし、一緒に仕事をしてからギャップに驚くという可能性もあるかと思います。
でも初めて会った時の第一印象というのは強烈で簡単に変わりませんから、最初に浮いた髪色の人を見て「なんか仕事しにくそうだな」
と感じてしまう時点で大きなマイナスと言えますね。
印象に残ってもらうという意味では重要かもしれませんが、それが悪い印象なら尚のこと悪いと言えます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

極端な髪型や髪色の是非

ファッションと言えば服装が主流ですが、髪型や色も個性を表すためのファッションと言うことができます。
ただ状況に応じてある程度は対応できる服装と違い、髪というのは一度決めてしまうとすぐに変えることが難しいですよね。
髪型についてはある程度の自由が効きますが、色に至っては一度染めてしまうと当分の間はその色で過ごすことになります。

電車に乗ると茶髪や金髪だけでなく、赤や紫といった奇抜な色を見かけた人がいるのではないでしょうか。
その変わった髪色を個性という武器にして生計をたてているのなら構わないのですが(芸人や個人経営者など)
奇抜な髪色を見るたびに「そんな髪の色で仕事はどうしているんだろうな」と、他人のことなのに気になってしまいます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする